入院直前のインフル問題(乳がん治療記録②)39歳

2019年1月29日(火)

入院の前々日に、夫がインフルエンザになり、

大パニックに!

 

すぐに自分も近所の内科でインフル検査を受けるも陰性。

入院手術の事情を話して、

予防の為にタミフルを処方してもらったはいいけど、

(受験生とかはインフルエンザの薬を予防処方してもらえるらしい)

飲んでいいのかやっぱり主治医に聞いた方が良いと思って、

病院に相談の電話をすると、

タミフルは飲まないで、入院前日の午後にインフルの検査をして、陰性なら入院。もし陽性なら、手術は延期になります。」

とのこと。

 

手術に向けて、

自分の健康状態には、とても気を使っていたけど、

まさか旦那がインフルになるとはー!!!

インフルになって手術延期になったら、そういう運命だとは思いつつも、

インフルになったらどうしよう、

ガンが体にあるまま手術が1ヶ月以上先になるのは嫌だーとか、

頭の中が色んな事でぐるぐる状態。

 

2019年1月30日(水)

朝起きて、体調は良い。

午後にならないとインフルの検査もできないし、

家に居ると旦那のインフルがうつりそうで、午前中はヨガのレッスンへ。

午後になって、インフル検査をして陰性だったので、

旦那と話し合い、私はホテルへ非難することに。

今思うと、旦那がインフル陽性になった段階で、ホテルに避難すれば良かったと思う。

 

あまりに、インフルになったらどうしようって思い過ぎて、

手術直前まで、今発症したらどうしよう?って、

心配し過ぎて本当に疲れた…。

手術よりも、インフルが怖かった。

 

<インフル感染予防の為にやったこと>

・寝室は別。

・直接会話をしない。携帯で会話。

・食事も別の部屋。

・ドアノブ、テーブルは、パストリーゼで除菌。

・手拭きタオルを別にする。

・インフル検査の為の病院から帰って来たら、手洗い・うがい・シャワー。

・ローハニーを食べる・フルーツを食べる

・ちゃんとご飯を食べる、早く寝る

 

この時期に、手術とか何か大事なイベントが控えている時は、

本当にインフルには要注意なのね!

自分だけじゃなくて、

家族の健康管理も徹底しないといけないというのを、

今回は本当に学んだ…!!