不妊治療記録@42歳KLC通院中

AMH0.472 PGT-A 乳がん 突発性難聴 

着床障害検査(杉ウィメンズクリニック初診)

7月、8月、9月はお休み周期です。

 

突然ですが、

杉ウィメンズクリニックの初診予約が取れたので、

行ってきました。

(予約を取ったのは7月。今は初診予約は大体2ヶ月先くらい。)

 

杉ウィメンズクリニックは、どちらかというと「不育症」の方が専門で、

妊娠できるけど流産を繰り返す人向けの病院というイメージ。

妊娠陽性出たのは3回だけで心拍確認とかまで行ったことのない私が行っても、

検査の必要が無いとかって言われてしまうんじゃないか、、、と

不安に思いながら行ったのですが、

ちゃんと検査して頂けました。

 

【診察の流れ】

指定された時間に病院へ

受付にて、

事前に準備しておいた問診表2枚と、今までの病院でのデータを取りあえず全部提出。

始めに、先生との診察の前に、看護師さんとお話。

移植の回数や、妊娠した時の経過、

多発性ポリープの手術をした時期、

どの病院に卵が何個凍結してあるのか、どのデータが使えるか、

などなど聞かれました。

KLCの初診のデータは2年前だったので古くて使えないということで、

全部検査してもらう感じになりました。

(使える項目があれば、その分検査費用が安くなるのだと思います。)

その後、待合室で少し待って、杉先生の診察。

「生理中で、内診できないので、今日は血液検査だけです。」

先生のとのお話中に、次回の予約日も決め、

「その時に結果を踏まえてお話しましょう」という感じだったかな。

採血してもらって、お会計で終わり。

血液検査だけでしたが、9万円オーバーでした。

(お会計は現金のみ)

内診無かったので、1時間くらいで終了。

 

 

【感想】

最後に先生が、ポロリと、

「着床障害の人は、だいたい何か出ます」って仰ったので、

何か結果が出て、今後何らかの対策が出来る事に期待。

とにかく、先生のお話もとっても分かりやすく、

看護師さんもとっても優しくて、感動!

11回も移植されたんですね~って、11回「も」って、

看護師さんが言って下さって、

私頑張ってきたんだよなーって、ちょっと涙が出ました。

診察中も

話を急かされることもなく、質問したいことは質問でき、

とても良い雰囲気でした。

 

【染色体検査について】

初診では基本的にはやらない。

初診の検査を一通りやって、何も原因が出なかった人がやる検査というイメージ。

なぜならば、染色体検査は結果が出たとしても、何も治療法が無いから。

初診でやるなら、保険が効かないので、夫婦二人で6万円くらい。

初診後、検査をやることになった場合は、保険効くので3万円くらい。

夫婦二人で検査に来て、結果を聞く時も夫婦二人で来ないといけない。

初診の検査で、何か原因が引っかかった場合は検査してもらえないのだろうか?というのは聞くの忘れた。

現時点では、できれば、検査したいと思っているけど、

次の診察のときに、ちゃんと忘れずに言えるかな?

憶えていられますようにー!

 

++++++++++++++++++

結果が出ない事には何も言えないけど、

でも、この病院に行ってみて良かった!と思えた病院でした。