不妊治療記録@42歳KLC通院中

AMH0.472 PGT-A 乳がん 突発性難聴 

KLCのドクターとの電話

10月11日(金)

 

前日に杉先生の所で異常なしの結果が出たので、

それを受けて遺伝カウンセリングの日程を調整するためにKLCに電話をかけました。

 

自分の予想では、

流産した子には転座があって、

でも夫婦の染色体異常がないんだから、突発的なものだろうし、

遺伝カウンセリングっていうのも形だけですぐに終わるだろうし、

これからの妊活には問題ないつもりでいましたが、

 

先生のお話を聞いていると、どうやら転座ではない様子。

でも、何か「普通では見られないものが出た」らしく、

やはり、家系図を書いてきてほしいとのこと。

しかも、ガンになった人がいないかどうか聞かれ、困惑。

(私の乳がんは関係ないそう。)

先生も電話で話せる範囲で説明しようとするんだけど、

こちらの「???」が増えるばかり。

2回連続流産だし、今後のことを考えると、とにかく家系図を見て、

遺伝的なものなのか考えたいとのこと。

 

という訳で、遺伝カウンセリングは28日になったので、

その時に話を聞いてみないとサッパリ。

夫婦の染色体検査が出さえすればスッキリできると思って4週間耐えたのに、

まだまだモヤモヤした状態が続く…。

 

あと2週間、長い…。