移植周期D26BT7【判定日】(KLC移植4回目)38歳

 2017年10月20日、判定日でした。

 

E2・・・142

P4・・・3.1

β-HCG・・・1.5

 

ダメでした。

でも、前回同様、一瞬着床はしたみたいで、来週もHCGのチェックに行かねばなりません。

(子宮外妊娠してないかのチェック)

 

お話しやすそうなドクターだったので、

ずっとずっと気になっていた、

ホルモン補充でやってる人とやってない人の違いは何かというのを聞きました。

 

ホルモン補充をやってる人は20%に満たないくらい。

排卵してないとか、ホルモンの値が異常な場合やっている。

ホルモン補充は、薬を飲み続けないといけない。

副作用もあって、出血が増えるとか悪い面もある。

あなたの場合は、ちゃんと排卵しているし、今後も適用になることはないと思う。

 

という感じのお答えでした。(うろ覚えすいません;)

でも納得できたので、今まで通りでいきます。

今日の先生、良い先生でした。

私、KLC大好きです。

(最近、ちょっと待ち時間長いのが玉に瑕だけどw)

 

+++++++++++++++++++++++++++++

今回、卵のグレードが良かったから、

悪い結果を1ミリも想像してなかったので、

落ち込みっぷりがやばいです。

ドクターに今日やけ酒していいですか?って聞いたもんw

(飲んでいいですけど、ほどほどにして下さいって言われましたw)

杉先生のとこにも行って、薬も飲み始めたし、良い結果出ると思ってたんだけどなぁ。

ちょっと心が折れそう・・・。

今、ワイン飲みながら、このブログ書きながら泣いてます(T_T)

 

でもでも、

次の採卵が勝負!

前回の採卵の時の食生活を研究して、次の採卵でも良い卵が取れるように頑張らなきゃ!

今回かすったので、次来る生理周期は採卵できないと思うので、12月に採卵かな?

12月採卵の、1月休みの、2月移植を目標にしよう!

やれることはやっていこうと思います。

次の採卵に向けて、食生活をより一層クリーンに、

更には次の移植に向けて、

もっと言えば、出産に向けて、

もうちょっと身体絞ろうと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++

11時枠で予約

10:50 受付

10:55 血液検査→9階で待機

12:50 5階へ

13:30 診察

14時くらい お会計終了

最近、激混みな気がする…?朝一診察の方が楽なのかな?

移植周期D19BT0【胚盤胞移植】(KLC移植4回目)38歳

2017年10月13日、移植行ってきました。

【データ】

E2・・・280

P4・・・16.0

 

子宮内膜 10mm

胚盤胞の評価 112 137 1 195 2 A

 

まさかのグレードA!!!

(前回は、E)

私は年齢的にも、体質的にも、グレードAの卵は取れないと思っていたので、

本当に本当に驚いてテンション上がり過ぎて大変でした。

やっぱり食べ物なのかな?

サプリメントなのかな?

もしかしたら体重なのかな?

もうちょっと落ち着いたら、当時の自分の食事記録などを見てみようと思います。

 

【今日の流れ】

(何となくの記憶なので、ちょっと誤差あるかもしれません)

7:20 9階着で番号札1番ゲット

    (※移植の受付方法が少し変わっていて、早く来た人から番号札をもらって、

     8時まで椅子に座ってゆっくり待てるようになりました。

     8時になったら、番号を呼ばれます。)

8:00 受付

8:05 血液検査後、9階待機

9:00 5階へ移動

9:30くらいに診察室、12時までの外出OKの指示。

    (ちなみに、診察の段階で卵のグレードAというのがチラッと見えて、

     この時からテンションマックスでしたw)

11:50 9階受付

12:10くらい 培養士さんとのお話

13:40くらい 7階へ移動

14:30くらい 移植

15:00 お会計終了

 

【培養士さんとのお話】

とりあえず、グレードAに舞い上がっていて、質問すべきことをできなかったw

パソコンで見せてもらった写真には

A(AB)とあって、

カッコの中のABは何ですか?と質問したら、

赤ちゃんの元になる部分が綺麗だったのでAで、膜の部分は普通だったのでBという評価だったということでした。

そのABで、形態評的価が2になったとのこと。

お話したのはそれ位だったかなぁ。

グレードAとグレードEで、染色体異常の確率に違いがあるのかとか、

聞けばよかった・・・。これは、また今度聞こう。(忘れなければ)

お話したのはそれくらい。

 

【感想】

朝早く出かけたし、

グレードで気持ちが舞い上がったり、

自由時間には新宿2時間ウロウロしたし、

何気に待ち時間長めだったりで、

非常に疲れました。

明日から、なるべくゆったり判定日まで過ごそうと思います。

 

 

 

    

 

 

 

移植周期D12【移植日決定】(KLC移植4回目)38歳

10月6日(金)、移植周期D12でしたので、KLCに行ってきました。

 

E2・・・470

LH・・・7.3

P4・・・0.3

 

卵胞は17mmと18mmだったかな?

内膜8mm

 

「1週間後に移植で、今日の24時に鼻スプレーしてください」

 

という訳で、今回は移植日が一発で決定。

一発で決まると本当に楽です。

 

一応、先生に、別の病院で6センチの子宮筋腫指摘されたと話したら、

「あ~、ありますね」とおっしゃってました。(笑)

そういう訳で、子宮筋腫の存在は勿論知ってたけど、着床にも妊娠にも関係ないし、大きさも問題ないから、今まで誰も教えてくれてなかったっぽいw

でも、やっぱり見るべき所は見て下さってるという事だから、

もっと信頼しないとだなぁと思いました。

 

+++++++++++++++

11時枠の予約

10:35 受付

12:50 5階へ移動

13:45 診察

14:30 お会計終了

初診以来2年ぶりの感染症検査もあったので、お会計有でした。

けっこう混んでて待ち時間長かった印象。

おにぎり持参してて良かった。

(お米はやっぱ腹持ちが良い)

検査結果(杉ウィメンズクリニック)

3週間経ちまして、検査結果を聞きに行ってきました。

待ち時間は15分ほど。

前回、内診してないので、今回は内診ありでした。

 

★結果

 ↓

3項目ほど引っかかりました。

 

プロテインS抗原量・・・63↓

IgG・・・19.3↑

IgM ・・・84.3↑

 

血液をサラサラにして血流を良くしないと、

妊娠中期に流産の可能性も出てくるというような話でした。

着床障害の人にも関係なくはないから、

移植周期の生理の終わりかけ位から、

アスピリンとユベラを飲むことになりました。

(移植前に検査して良かったです。)

血流を良くして内膜が厚くなるようにするらしい。

薬は、判定日に妊娠が可能性ゼロならそこでストップ。

妊娠すればアスピリンは35週あたりまで、

ユベラは10週くらいまで継続とのこと。

 

内診の結果は、子宮の形などなど大丈夫。

ただし、子宮筋腫(6cm)があるとの指摘。

初めて言われましたと言うと、杉先生の方が驚いていました。

KLCにはドクター沢山いるから、みんな誰かが言ったんだろうって思ってるのかも?と言われました。

この筋腫、着床には関係ない場所にあるので、妊娠するには問題ないとのこと。

ただし、妊娠中に大きくなった場合、邪魔になることがあるかもしれないけど、

筋腫を手術するとなると、1年くらい不妊治療をお休みすることになるから、

私の年齢からすると、勿体無いかもしれない。

着床に関係ない場所にあるから、KLCの先生も話をしなかったのかも?

というお話でした。

この筋腫はしばらく放置かな?

KLCでも一度見て頂いた方がいいのかも?

D12診察の時に忘れないようにしなければ。

 

★薬の飲み方メモ

アスピリンについて(保険外)

アスピリンは、もし飲み忘れたらスキップする。

・採卵の周期には絶対に飲んでは行けない。

・飲むのを中止したら1週間程で効果が切れる。

・親知らずを抜歯したりする場合は要注意。

 ドクターに薬を飲んでいることを伝えること。

・怪我して出血した場合はちゃんと止血すれば大丈夫。

ユベラについて(保険適用)

・ビタミンEなので、他のサプリを飲んでる場合は、

 ビタミンEの入ってない物を飲みましょう。

 

★薬がなくなったら

①妊娠できた場合

 分娩予定の病院でアスピリンの処方をしてもらえるか確認すること。

 処方してくれない病院の方が多いとのこと。

 その場合、杉ウィメンズクリニックに薬を出してもらうことになる。

 妊娠中はドクターの診察が必須なので、杉ウィメンズでも検診を受けることになる。

 (分娩予定の病院で検診を受けるのにプラスして、

  薬を出してもらうためにも検診費用がかかる)

 初診程待たなくてもいいが、1ヶ月くらい余裕を持って予約を取ること。

 薬の残量をちゃんと把握しておくこと。

②妊娠してない場合

 薬だけ出すことが可能。

 ただし、薬を出してもらえるか、必ず事前に電話をして確認すること。

 

++++++++++++++++++++++

★感想

3項目も引っかかったし、薬を飲むことになったので、

染色体検査は延期にしました。

とりあえず、新しい方法を試して、

また上手く行かない場合に次の作戦を考えます。

今の悩みは、

KLCには、杉ウィメンズで検査したことを言うべきか否か。 

他の方のブログ読んでると、言わない人の方が多いっぽい?

まぁもう少し悩みます~。

D12のドクター次第かな?

筋腫は見てもらうのだけは忘れないようにしよう。

薬飲むのも忘れないようにしなきゃだ。

(ちなみに、この日のお会計は薬代含めて1万円ちょっとでした。

 杉ウィメンズの検査をお考えの方のご参考になれば幸いです。)

 

着床障害検査(杉ウィメンズクリニック初診)

7月、8月、9月はお休み周期です。

 

突然ですが、

杉ウィメンズクリニックの初診予約が取れたので、

行ってきました。

(予約を取ったのは7月。今は初診予約は大体2ヶ月先くらい。)

 

杉ウィメンズクリニックは、どちらかというと「不育症」の方が専門で、

妊娠できるけど流産を繰り返す人向けの病院というイメージ。

妊娠陽性出たのは3回だけで心拍確認とかまで行ったことのない私が行っても、

検査の必要が無いとかって言われてしまうんじゃないか、、、と

不安に思いながら行ったのですが、

ちゃんと検査して頂けました。

 

【診察の流れ】

指定された時間に病院へ

受付にて、

事前に準備しておいた問診表2枚と、今までの病院でのデータを取りあえず全部提出。

始めに、先生との診察の前に、看護師さんとお話。

移植の回数や、妊娠した時の経過、

多発性ポリープの手術をした時期、

どの病院に卵が何個凍結してあるのか、どのデータが使えるか、

などなど聞かれました。

KLCの初診のデータは2年前だったので古くて使えないということで、

全部検査してもらう感じになりました。

(使える項目があれば、その分検査費用が安くなるのだと思います。)

その後、待合室で少し待って、杉先生の診察。

「生理中で、内診できないので、今日は血液検査だけです。」

先生のとのお話中に、次回の予約日も決め、

「その時に結果を踏まえてお話しましょう」という感じだったかな。

採血してもらって、お会計で終わり。

血液検査だけでしたが、9万円オーバーでした。

(お会計は現金のみ)

内診無かったので、1時間くらいで終了。

 

 

【感想】

最後に先生が、ポロリと、

「着床障害の人は、だいたい何か出ます」って仰ったので、

何か結果が出て、今後何らかの対策が出来る事に期待。

とにかく、先生のお話もとっても分かりやすく、

看護師さんもとっても優しくて、感動!

11回も移植されたんですね~って、11回「も」って、

看護師さんが言って下さって、

私頑張ってきたんだよなーって、ちょっと涙が出ました。

診察中も

話を急かされることもなく、質問したいことは質問でき、

とても良い雰囲気でした。

 

【染色体検査について】

初診では基本的にはやらない。

初診の検査を一通りやって、何も原因が出なかった人がやる検査というイメージ。

なぜならば、染色体検査は結果が出たとしても、何も治療法が無いから。

初診でやるなら、保険が効かないので、夫婦二人で6万円くらい。

初診後、検査をやることになった場合は、保険効くので3万円くらい。

夫婦二人で検査に来て、結果を聞く時も夫婦二人で来ないといけない。

初診の検査で、何か原因が引っかかった場合は検査してもらえないのだろうか?というのは聞くの忘れた。

現時点では、できれば、検査したいと思っているけど、

次の診察のときに、ちゃんと忘れずに言えるかな?

憶えていられますようにー!

 

++++++++++++++++++

結果が出ない事には何も言えないけど、

でも、この病院に行ってみて良かった!と思えた病院でした。

 

採卵周期D29【請求書届く】(KLC採卵5回目)38歳

7月4日(火) 

D29の本日、培養費の請求書届きまして、

振込みしてきました。

凍結出来た時は金額高いけど、

大切な卵ちゃんを預かって頂いているので、

嬉々として振り込みました。

 

採卵周期D24【凍結確認】(KLC採卵5回目)38歳

6月29日(木)

凍結確認の電話をしました。

(1時ジャストに電話したら、一発で繋がった!)

 

結果→1個凍結

 

培養士さんのお話

「受精卵2個を培養していましたが、ひとつは途中で成長が止まってしまって培養中止になりました。もうひとつは、5日目で胚盤胞になって6日目に凍結しました。」

 

6日目に凍結っていうのは、6日目胚盤胞

また気が向いたら調べようw

1個しか卵ないし、移植日にグレード聞けるし、その時でいっかw

ちなみに移植は、最低でも1周期以上お休みして体調万全で臨む予定です。

体調良ければ8月移植もあるかもだけど、9月を予定。

8月は、2週間くらい午前だけの診察になるから、混むかもだし?

 

++++++++++++

凍結0も覚悟してたし、実際は次はまた採卵だなぁと思ってたし、

でもその割には2個とも凍結できたらなぁの夢も一瞬見たり、

結果聞くまで本当に分からないものです。

 

今、杉先生の『不育症学級』という本を読み始めたのだけど、

排卵された卵の25%が染色体異常。

そこから受精できたとして、受精卵の40%が染色体異常。

胚盤胞まで成長すると、25%。

とすると、2個受精卵があって1個は途中で成長が止まってしまったというのも

自然なことなのかもしれない。

 

とにかく、良い卵が取れるように食生活がんばるぞー!

あ、その前に移植に備えて、銅下げようー!